HATE ALL

葬色

White Magic,Black Noise

Think for yourself,Learn to swim,Let go&Spiral out,Keep going!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
yonda
まこの本の続編が出てたー。
でもブログでじゅうぶん。
まこは今日もまこ。
ああ、また全部みてしまった。
にまにま。ほろほろ。

ほんとうは好きな作家さんの2冊をメモっていったのになくて。
仕方なく他の本を買う。



そしたら2冊とも老人と子供の話だったー。
おじいさんの話(夏の庭)とおばあさんの話(西の魔女が死んだ)。
両方共数年前の有名な本だけど今なら読めるかなって思って。
すごく良かった。
はじめ☆☆さん用に買ったけど、さて、どうかな。


西の魔女〜の話はテレビ観てた時に予告をみて、
観たいなーって思ってたので本があって良かった。
電車の中だと泣いてしまうので困る。(悲しい涙ではない)


あとはこれ。
きいろいゾウ (小学館文庫 に 17-3)
きいろいゾウ (小学館文庫 に 17-3)
西 加奈子

しかし、角川文庫の表紙が一気に松山ケンイチ君で、おおっと。
永作さんとの映画以来いー感じでふん。
| ART・本 | 12:05 | comments(0) | - |
ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展
六本木にはヒルズに行く予定だったのに歩いて麻布十番でランチ。
徒歩でも10分位なのね。しかし休日なのに六本木はガラガラ。
ヒルズ内も閉店した店舗が多い事。ルルギネスは残ってた!
コーンズを冷やかし損ねたあと、ヒルズに戻り本日のメインイベント。



3月1日から30日まで六本木ヒルズで行われている
ムートンラベルの原画展に行ってきました。
シャトームートンロートシルトは5大シャトーの中で
芸術とワインを融合させている、憧れのシャトーです。

ムートンは1945年から毎年様々な国の画家が
その年のエチケットを描いています。
ダリ、ミロ、ピカソ、シャガール、ウォーホル、キースへリング、フランシスベーコン、等々。日本人の画家もいます。また、2004年にはチャールズ皇太子の風景画だったりと、とにかく人選がバラエティに富んでいます。なので並んでいるボトルを見ているだけで楽しいのです。

ちょうど先日渋谷の東急に寄った時、2006年には7万円台だった2000年のムートンが、倍以上の価格になっていて、「あの時無理でも買っておけば良かった!」と嘆いたばかりです。2000年のラベルは特別なもので、私の中ではマルゴーやロマネコンティよりも欲しい1本。そしてもう1本、私の生まれた年もムートンも。その年のエチケットが素晴らしく、いつかは欲しいねと言いながらも、高額さゆえに赤坂のいきつけのリカーショップに行っては何分もボトルの前で立ち尽くすのみとなっています。

そのエチケットの原画が見れるのです。日本では25年ぶりだそうです。
初期の頃はほんとうに適当な紙に書いてあって、
原画も小さいものが多かったです。
でも、その小さい普通の紙の中にも芸術がありました。
メモ帳でもえんぴつでも、芸術はできるんだ!
そして1947年ジャンコクトー、1970年のシャガール、1958年のダリ、1973年のピカソはやはり原画のパワーが凄まじかったです。ピカソの描いたこの年はムートンがメドック格付けを覆して2級より第1級へ昇格した記念すべき年でピカソ自身もこの年に亡くなっています。格付昇級の際のバロン・フィリップ男爵の「われ一級なり、かつて二級なりき、されどムートンは変わらず」という有名な言葉がこのシャトーの素晴らしさを物語っています。
1992年のペール・キルケビーもよかったな。
ムートンのテイスティング会もあったようなのですが、我慢。笑

いつか自分の手で。うん!
| ART・本 | 20:15 | comments(2) | - |
えがちゃん
えがちゃん大好きです。


巷では「えが茶ん」が人気爆発らしーですが、
それよりも、この間下北で見つけたえがちゃんポストカードが
最高におかしいです!
ずっと見てて、6種類位あったんだけど
めーっちゃくちゃおかしいの!!!
ど〜しても欲しくて、「コレ買っていい?いい?」
ってしつこく聞いてたら、「だめ!もやす!」って言われてしまいました。

オフィスの1枚でよかったんだけどなああああ。
今、思い出して大川興行の通販ページみたら、えが茶んと一緒にあった!(笑)
これでいつでも笑う事ができる!!!

http://www.okw.co.jp/shop/03.html
(拡大ボタンでお楽しみください)


あーーーーっっ!!!
でも見たのと違うーー!!!
私が見たのも同じ構図だけど、もっと面白かった!
微妙にえがちゃんの位置が違うんだ…

居酒屋のカードは、いろんな席でえがちゃんが店員さんを呼んでいるので、
オフィスもいろんなえがちゃんが電話を取って、へんなかおしてるの。
もーーね、最高だよ!
いつでも笑えるよ!!まじで!!!

あーーーーーやっぱ買えばよかった!!
| ART・本 | 08:59 | comments(2) | - |
フキコシ・ソロ・ア・ク・ト・ライ・ブ
吹越満さんの1人舞台「キムチ」に行ってきました。

彼の情報源はたまにテレビで見かける役者さん位しかなかった訳で、
ルックスのみで感じてた事は、
怖そ〜ちょいやらしそ〜まじめそ〜等!
その私の印象がゼロに近い状態だったから
終わった後の印象はだーいぶ変わりました。
人に対してギャップ感を楽しむ癖があります。

役者さんって凄いなー。
これでご飯食べてるんだっていうのがわかる。
1人舞台だったから余計かな。

笑った後に、凄いなあと思う事が何度かありました。
1人で何役も常に演じていて、声色もそうだし、ブレスの少なさ。
それこそ役者としての基本を…そりゃそうだとは思いますが
並大抵の体力じゃできない事だろうなと思いました。
あとねー、噛まないね!!(笑)
基本なのでしょうが。凄いです。
私は仕事中によく噛むので…
発声の基礎がまるでないんだと痛感しました。

ステージにモノはなし。
そこにちょこちょこ小道具を置いて、演じる。
特に視覚的に凝った演出がよく出てきました。
私はそういうのよりも普通のネタが気に入りました。
あとは間の音楽が、耳に残る無機質な感じで効いていたなー。

いろんな題目があり、大声でぎゃはー!と笑うよりも
くすくすっってなる感じ。それが吹越さんらしい感じ。
今どきのレッドカーペット的お笑いの味に慣れてしまった私なぞには
じっくりと構成された「笑い」を感じるいい機会となりました。
そーたぶんそういう人にも見てもらいたかったのではなかろうか?
とか勝手に思ってしまう!!(笑)

気持ちの流れとしては、私の場合は
だんだんと面白くなって最後にはすっかり波に乗せられた感じでした。
カサブランカとか、気に入ったネタを結構覚えてる〜。
1人で20人くらいの役をやったのと、店員さんのと、つなぎでやっていたような
照明をうまく使ったネタが気に入りました。

お客さんとこのステージとの間に壁はない。
音楽のコンサートのようなものとはちょっと違う。

会場となった本田劇場は男性には窮屈そうだったので次回はクエストあたりでずぇひ。
一階のサブカルチャー的ショップのIN or OUT(懐かしや)は半々。

そー舞台。最近連絡とってないけど
知り合いが好きそうな世界だったので教えてあげよと思いました。
| ART・本 | 16:42 | comments(0) | - |
魅惑の起源
というわけでオープニングのはしごでした。

まずは渋谷。
金子國義展 魅惑の起源
今日から12日までBunkamura Galleryでやってます。
入場無料で金子先生の絵が見れるのはお得ですよね・・
東急で本日の主役さんと待ち合わせしたけど、なんか肌つやが良い。
幸せそうでした。S社の編集の方と一緒にきてすぐお花やさんへ。笑

やーーっと会場へ。
久々に金子先生の作品を見たけど、
圧倒的な存在感は凄いとしか言いようがない。
ここ数年の話を聞いて、はっはーんて感じ。
オープン前にHさんからのお花をあーだこーだ場所決めしてた
金子先生は、久々にお会いしたけど全然変わらないな。
初日で混んでたのでワイングラス持ちながらの移動は大変。
しかしワインは美味しかった♪
いろいろ紹介してもらったのですが、当方一般人なもので、、
挨拶のしようがなく困りました。
その中のお一人とその後、荷台仲間になりましたね。
金子先生のご子息は目力が凄かったですね〜。
不思議な存在感は血を感じました。

うちにも飾ってる金子先生の絵
(と言ってもポストカードサイズですが)
の原寸大のがあって、これって神保町のほうのやつ?
と思ったら、なんとか法(失念)で作って、また筆入れをしてるので
すべて少しずつ違うというのを教えていただきまして。
うっわー。お値段も比較的届きやすい、ほしいいいい。
残念ながらもう買われてました。

うちの旦那さんは金子先生の大胆な油絵が好きなので、
いつか欲しいねーって話してたけど、
こちらはなかなか手が届かないなあ。
でも久々に生で見て、力がみなぎるような感じがしました。
絵の持つパワーが凄いのでしょうね。


ワイン1杯のみ終わった所で、まさに本日同時間にオープンした
神楽坂のギャラリーにも行かなきゃ!と大急ぎで移動です。
主役さんのあの愛車はトトロのオープニングに出てきそうな
荷台付きの車へ変化してました。噂に聞いた通りのかわいいやつ。
や〜、荷台に生まれて始めて乗りましたよう!!!
でもソファとかあってらくちんなの。
全部で4人で乗ったけど、玄武もいたしおもしろかった。
その中のお1人はしょっちゅう乗ってるらしくなれてました。笑

あれから10日後。

明かりもあるので、「あれから10日後」とか読んだりして
30分くらいで神楽坂のとあるくらーい道に到着。
神楽坂何度が来てるけど、全然知らない地域。こわいよ。

京都のmori yu galleryが東京にもできるっていうのは
去年聞いてたんですが、それが今日だったみたい。
そこに井上隆保さんの絵と井上さんと笠井爾示さんのコラボ作品の写真が展示するという事で、そのモデルになったのがうちの人の親友なのですが、インフルエンザの中ば〜〜って撮りまくったモノクロとカラーはどちらの展示になったかというと、、それは見てのお楽しみで。とてもいい写真になってました。いいカメラマンだな〜ほんと。是非神楽坂に行った際には!見てください。
波もあります!!

ただ会場はとても行きずらそう。
そしてエレベーターが手動です。びっくり。
昔のニューヨークみたいです。
住所は西五軒町3-7ミナト第三ビル4階。
たぶんカーナビないと行けません。笑

blue
これが面白いのです。広告とかに良さそう。


加藤千尋さんの作品

他では加藤千尋さんの絵と雨宮庸介さんのリンゴが気にいりました。
両方ともYuka Sasahara Galleryの作品でした。
時間のある時に調べてみようっと。

パラモデルの方も紹介されて少しお話したけど、銀座のエルメスのディスプレイやってる人だったの!びっくりして、いつも見てます!ほんと凄い見てます!って興奮してたら、冷静になって!って旦那さんに怒られたす。笑
でもほんとあんまり買わないけど銀座店はかなりの常連なんですよ!あっはー、買わないけどね。小物ばっかりだけどね。
行くと外壁のディスプレイも見てて、小さい所もすごく凝ってて好きでした。
ここのリンクにも貼ってますが(東京ショーウィンドー)いつでも見れるのですよ。えへへ。灯籠みたいな外壁がまず素敵だからディスプレイもやりがいもさぞあるだろうな〜。ちなみに次は3月に変わるそうです。


構長い時間いたけど、酸欠になりそうだったので
帰宅してきました。久々な人と再会したり、知らない人といっぱい挨拶したり、どきどきした夜でした。

井上先生も元気そうで本当に良かった。
いろいろあるみたいだし、いい1年になりそうな予感ですね。

でも今日は、きょうは!!
金子先生の絵画がずーっと心に残ったままです。
不思議なかんじ。
ああ〜〜。
素敵でした。

http://www.kuniyoshikaneko.com/
| ART・本 | 23:26 | comments(0) | - |
やっと
20080202201550.jpg
空いてきました。。

はふー
| ART・本 | 20:19 | comments(0) | - |
お寿司が
20080202201016.jpg
えびちゃん入りになってた。(笑)

旦那さんのお友達の背中の刺青をチカシさんが撮影して(凄い枚数だったらしい)展示されてました。
すごいわあ♪

ああ、やや酸欠です。


いや〜でも、金子先生よかったなあー。

ご子息を紹介してもらいましたにょ。
| ART・本 | 20:12 | comments(0) | - |
mori yu gallery TOKYO
20080202194729.jpg
のオープニングに来てます。

めちゃ混みだあ。

その前に行った金子先生のもめちゃ混みでした。

おめでとうございます〜。
| ART・本 | 19:53 | comments(0) | - |
ムンク展
1月3日、エドヴァルド・ムンクの絵を観てきました。国立西洋美術館。
新年にいきなりムンクを観る人はそんなにいないだろー
と高を括っていたら、チケットブースで行列が出来ていました。わやー

ムンクの印象は正直「叫び」の色彩とインパクト。
観るものすべてをダウナーにしてしまうような。
観てみたらぜんぜん違いました。
もっと普通の絵画(笑)もたくさん展示してあり、楽しめました。

気に入ったのは「星月夜」と「マドンナ」と「吸血鬼」と、もうひとつ(失念)。
驚いたことにムンクは女性はとても魅力的に描きます。
女性の絵画はどれも素敵でした。
星月夜はゴッホに影響を受けたような絵でしたが、好きなモチーフなので
見入りました。

面白かったのは「嫉妬、庭園にて」や、チケット画にもなっていた「不安」
叫びもそうだけど、普通あえて表現しないマイナス面を
ムンクは対する事ができる。なかなかできることじゃないと思う。
嫉妬の絵は凄かった。その気持ちと向かいあえてるところが凄い…

西洋美術館で久々に常設展も見てきました、
が、半分くらいしか見れなかった。松方コレクションとか。
返却中かしらー。

ムンクの意外な一面も見れたので収穫でした。
| ART・本 | 11:52 | comments(0) | - |
USONIAN DEPOT閉店
20070811193348.jpg
depotが閉店するので最終日に行きました。

中目黒の高架下はこれからだいぶ変わるみたい。
二階から。最後はいつもの席で。
| ART・本 | 23:50 | comments(0) | - |
<< 2 / 5 >>


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
<< 2 / 5 >>


Entries
Comments
Categories
Archives
Links