HATE ALL

葬色

White Magic,Black Noise

Think for yourself,Learn to swim,Let go&Spiral out,Keep going!
<< わおわお | main | 思い出の欠片 土に帰り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
電脳航海 〜3の2〜
でーん。

マイカーの航路を地図上に引いてみました。(笑)


ドイツからの航海で最初で最後の難所は地中海と紅海を結ぶスエズ運河(地図のエジプト付近)です。ここはヨーロッパとアジア結ぶ海の近道で年間1万4千隻もの船が行き来する海の大動脈です。約167kmの全長、横幅は衛星写真で見るととても狭く感じ、大丈夫なのか?って感じがします。
最近、船の大型化に伴い大型タンカーも運航できるように幅を34m、深さを15mに改修されたそうですが…にしてもかなりギリギリなのだそうです。
この狭さから、運河の中では時速7ノット(たった13km)でしか動けない&追い越し禁止というルールがありまして、ここを抜けるのに丸1日もかかるそうです。でもこの運河を通るとの通らないのとは約7.400kmもの距離の差が出てしまうらしいです。

スエズ運河はエジプト領内。パレスチナ問題を抱える中東地域なので運河へのテロを警戒する兵士が警備していたり、近くにはオイルダラーの宮殿もあれば、武器庫もあったり、と…異様な感じ。


スエズ運河を抜けると砂漠に囲まれた紅海が広がります。
この海の透明度はとても高くダイビングでも有名なスポットらしいです。
そして紅海を抜けるとインド洋に出ます。インド洋もダイビングで有名な地域と共にスマトラ沖地震が記憶に新しいです。
船はまさに震源のど真ん中を通ったみたい。
地震があった時もたくさんの船がこの場所を航海していたと思います。。

スマトラ島の西からは南シナ海と東シナ海が広がります。
マレーシアを抜ける時にマラッカ海峡を通るのですがここは海賊による事件が多発することから、別名「海賊海峡」「魔の海峡」と呼ばれています。こわい(笑)
そして岩礁も多い事からかなりの難所。それでも太平洋とインド洋を結ぶ大きな主要航路のひとつなので通過船舶数は5万隻を超えるそうです。
この海峡を抜けるともう日本は目前。一気に名古屋豊橋に到着!となります。
ようこそ日本へ♪

ちなみに昨日の段階ではステータスがまだ「15日到着予定」だったそうです。しゅん。
| お車様 | 12:48 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:48 | - | - |
コメント
コメントする









/


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
/


Entries
Comments
Categories
Archives
Links